物忘れ外来で、心配な物忘れの原因を調べてもらいましょう


物忘れの症状が気になりだしたら、早めに物忘れ外来を受診することをおすすめします。

物忘れの原因の全てが、アルツハイマーなどの心配な病気につながっているのではなく、ただ単に加齢によるものや、疲労やストレスなど、心配のないものであることも大いにあります。

しかし、もし、物忘れの自覚症状があり、不安な毎日を過ごしていたり、全く身に覚えのないことを指摘される場合には、一度物忘れ外来を受診してみませんか?

物忘れ外来は、物忘れの原因が何であるかを知ることができる診療科です。

物忘れを相談したいけど、何科を受診したら良いか迷う方が多いと思います。
物忘れの原因が、精神的なものであるのか、はたまた病気によるものなのか、治療が必要なのか否かなど、物忘れのあらゆることを相談できるのが、この物忘れ外来なのです。


受診する病院によって多少異なるかもしれませんが、一般的に物忘れ外来では、初診時に問診と簡易認知機能検査を行います。
必要な脳画像検査や血液検査を計画し、症状が年齢によるものなのか、病気によるものなのかどうかを診断します。
そして、診断結果に応じた治療や対応をします。

また、症状に応じた内科的・外科的治療や薬物治療、症状によっては施設への入居や介護保険のアドバイスなどを行う場合もあります。

その他にも、患者本人はもちろん、そのご家族の相談にも乗ってもらえるので、気になる症状がある方は、早めに受診して下さい。

不安な毎日を過ごすよりも、早めに診てもらい、適切な対処をすることによって、万が一、何らかの病気が隠れている場合でも、進行を遅らせたり、治療することができます。


物忘れ外来は、気軽に相談にも乗ってもらえるので、まずは行ってみてはいかがでしょうか。

物忘れがひどい関連情報