ストレスが原因?30代の物忘れとは


物忘れは、年配の方だけではなく、30代の働き盛りの方にも起こります。

30代という若い年代で、物忘れの自覚症状があったり、自分では気づいていなくても、他人から何度も指摘されると、不安になってしまいますよね。

30代は、20代の頃に比べ、責任のある仕事を任されたり、重要な役職に就く方も多くなります。
そのため、仕事におけるプレッシャーや疲労がたまり、過度のストレスを抱えたり、寝不足になったりします。

仕事のストレスや極度の疲労、寝不足などは、精神的なバランスを崩し、うつ病の原因になることがあります。

このうつ病が物忘れを引き起こしてしまうのです。


うつ病になると、食欲がなくなったり、無気力になったり、集中力や思考力などを低下させます。
集中力や思考力を低下させることによって、必要な情報を聞き逃したり、記憶することができなくなり、物忘れを進行させてしまうのです。


また、過度のストレスや寝不足は、うつ病の原因になるだけでなく、記憶の一時保管場所である脳の「海馬」という部分の働きを衰えさせ、新しい出来事を覚えられなくなったり、度々物忘れをするようになるのです。

つまり、30代の物忘れの原因の多くが、ストレスや疲労、寝不足、うつ病などによるものです。
この場合の対策としては、ストレスを適度に八指させる、休息をとる、十分な睡眠をとるなど、規則正しい生活を心がけることです。

また、気持ちがふさぎ込みがちなときは、思い切って休みを取ることも必要です。

うつ病は、本人ではなかなか気付かないことが多いので、物忘れが激しく、表情が暗い、様子がおかしいと思う家族や友人がいる場合は、病院を受診することをすすめてあげてください。

物忘れがひどい関連情報