20代の物忘れの原因や対策をご紹介


物忘れは、年配の方のみの症状ではありません。
20代でも物忘れに悩む方がおり、若年性アルツハイマーなどの病気を疑って不安になる方がいますが、20代でも病気以外のことが原因でも物忘れをすることがあるのです。

ここでは、20代の物忘れの傾向と対策を、その原因などから見ていきますので、気になる症状がある方は、参考にしてください。


20代の物忘れの原因として考えられるのが、うつ病や頭痛、病気、ストレス、若年性アルツハイマー、寝不足などです。

若年性アルツハイマーや病気などの場合は、脳が委縮したり、死んだりするので、脳を検査すればわかります。

20代の物忘れの原因が、病気などによる場合は、専門医の指導のもと治療をする他ありません。

しかし、20代の物忘れの原因として考えられるのが、ストレスや寝不足、不規則な生活です。

20代になると、お酒やたばこなども解禁となり、それらを好む人も出てきます。
また、仕事を始める方も多くなろ、それによって様々なストレスを抱える人や、一人暮らしを始め、寝不足や偏った食事など、生活が不規則になることによって、物忘れの症状を引き起こしてしまうようです。

特にストレスは、記憶の一時保管庫の役割をしている「海馬」の働きを衰えさせてしまいます。
「海馬」は、脳の中でも非常にデリケートなので、強いストレスや衝撃を受けると、「海馬」の神経細胞が死んでしまい、また、寝不足が続くと、傷ついた脳を修復することができなくなり、新しいことを記憶することができなくなり、物忘れにつながるのです。

そうならないために、20代の物忘れの対策として効果的なのが、自分なりのストレス解消法をみつけておくことや、十分な睡眠をとること、バランスのとれた食生活を心掛けることです。

また、物忘れ予防に適したサプリメントなどもありますし、携帯やパソコンなどの便利機器の普及によって頭を使うことが少なくなっており、記憶力の低下につながっていますので、日頃から脳を鍛える「脳トレーニング」などを心がけると良いと思います。


20代の物忘れの場合は、病気以外のことが原因であることが多いですが、あまりに物忘れがひどい場合には、医師の診断を受けることをおすすめします。


物忘れがひどい関連情報